Information

染色ご依頼について

 

【はじめに】
 藍は生き物なので、いつでも毎日染められるわけではなく、染色できる量にも限りがあり、ご機嫌が悪くなったり元氣がなくなってしまうこともあります。
 ですので、藍を中心に染めの日程が決まってしまい、万全を期しますが、藍甕がふたつしかないため、日程等のご予定が少し融通が利かない部分、或いは変更をお願いすることがあるかもしれません。
 ご理解とご了承をお願い申し上げます。

【染色価格】

 ご予算の目安にしてください。

綿・麻

45yen/1g(税抜)

絹・毛糸

70yen/1g(税抜)

( 例:150gの綿のTシャツを染めるとすると、45(円)×150(g)=6750円という計算方法になります。)

*綿・麻は特に、思いのほか重量があります。
一度キッチンスケール等で計り、確認することをお勧め致します。尚、最終的な重量は当方で計ったものとさせて頂きますことをご了承ください。


! caution !
*本藍染めの特性として、染めたあと暫くは色落ち、色移りがどうしてもありますのでご了承願います。数回の洗濯と経年で落ち着きます。
*染めを施すと生地が縮む場合がございます。縮み具合はものにより差ありますのでご留意ください。
​*化繊は基本的にご依頼をお受けしておりません。

 

 

Q and A

Q. 白い衣のシミや黄ばみは消えますか?

A.シミは大きさや質(油、食物、植物 etc...​)によりますが、大体のものは殆ど目立たなくなります。黄ばみは完全に消えます。

 

Q. 長年愛用の衣のヨレや色褪せが氣になる。

A.本藍は付着染料なので僅かに布に厚みが増します。そのため、染色前より布に張りが生まれ、再染色による見た目と共に、衣が若返り、お愉しみ頂く時間がまたしばらく延びることが期待出来ます。

 

Q. 似合わなくなった衣を染色して雰囲氣を変えたい。

A.白布を染色するほど生粋の本藍色にならないものの、染色自体は色もの布も可能です。下地の色により発色が変わるのもおもしろいところです。

Q. 本藍染めの布で好きなものを作りたい。

A.​​ 衣のみならず、布自体の染色も承ります。ただし、大きさに限度がございますので詳細はお問い合わせ願います。


 

 その他にご不明な点がありましたらお氣軽にご質問ください。

​​ お申し込みはこちらから

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon